舌の表面を綺麗にする

最近では、歯磨き以外に舌の表面を綺麗にする人が増えています。これは、口臭の原因となる、分厚い舌苔(ぜったい)を除去しなければという人が、増えているからだと思います。

舌の表面は、体の健康状態を、教えてくれる情報屋さんです。舌の表面を綺麗にすることで、この情報を読み取りやすくしましょう。ただ、舌苔(ぜったい)は無理に取りすぎると、余計に舌苔(ぜったい)が酷くなってしまうので気をつけましょう!

舌の表面を綺麗にする道具として、よく使われるタンクリーナーは、歯ブラシタイプをはじめ、ヘラタイプや、硬い紙状のものなどがあります。使い方は簡単で、舌の奥のほうから、優しくかき出すようになぞるだけです。強くゴシゴシしてしまうと、舌が傷ついてしまうので、注意してください。健康な舌は舌苔(ぜったい)が薄く付いているものです。やり過ぎは、良くないので気をつけましょう。

また、舌の表面を綺麗にした後は、うがいをしましょう。細菌がいっぱいの絶対を飲み込んでは意味がありません。タンクリーナーは、ドラックストアーなどの医療品を扱ってるお店に売っています。もし、見当たらない場合や、買うのがもったいないという人は、市販の歯ブラシで、やさしく磨いてみましょう。

舌を磨く歯ブラシには、やわらかい毛先のものを、オススメします。また、綿棒や柔らかい布などで取り除くのもいいでしょう!舌の表面を綺麗にすることで、口の中の病気を減らし、さわやかで、口臭のないきれいな息を手に入れましょう。

欧米などの、日常にキスの習慣がある国の方たちは、当たり前のように、舌の表面を綺麗にしているそうです。舌の表面を綺麗にする、素敵な習慣を見習いたいですね。

スポンサードリンク


copyright © 2006 口臭のお悩み解決隊 ~口臭の原因と対策、口臭チェックなど~ All Rights Reseved