タバコが原因の口臭

タバコを吸うことによって、発生する口臭の原因は、いくつかあります。タバコによる口臭の原因は、下記のようなものがあります。

1つ目はタバコを吸うことによって、口の中の粘膜が乾燥してしまうことによるものです。この場合、口の中の唾液の分泌量が減ってしまうので、口臭の原因となってしまいます。タバコは、ドライマウスの原因だと言われています。

次に、タバコ自体の成分である、タールやニコチンの鼻に付く臭いです。この臭いそのものが、口臭の原因となってしまいます。また、タールやニコチンは、歯や舌に付着しやすいため、歯磨きだけでは、ヤニがきれいに取れないので、口臭の原因が口の中に住み着いてしまうことになるのです。

タバコを吸う人のほとんどが、タバコの臭いに慣れてしまっているので、自分の口臭を気にしなく
なってしまいます。タバコを吸わない人によっては、タバコは、不快な臭いなので、タバコ臭いと指摘されてたとしても、しょうがないでしょう。

また、タバコは、血液の循環や、新陳代謝に悪影響なので、体の不調のよる口臭の心配もあります。病的で臭いがあると言われている、黄色の舌苔(ぜったい)も、タバコが原因です。

このように、タバコによる、口臭原因は、数え切れないほどあります。タバコのパッケージに、健康を損ない危険がありますとか、病気の危険性を高めますとか、書いてあるだけのことはありますよね。煙もそうですが、口臭の原因になることも、吸わない人からしてみれば、危険なことです。

また、タバコは、歯茎の血行を悪くさせるので、歯が抜けやすくなりますし、歯周病の原因にもなるものです。タバコは、口臭を発生させる原因や歯の健康を害する可能性をいくつも持っているのです。

スポンサードリンク


copyright © 2006 口臭のお悩み解決隊 ~口臭の原因と対策、口臭チェックなど~ All Rights Reseved